コロナウイルスのワクチンの副作用 血栓症とはどんな病気なのか

現在イギリスのアストラゼネカ社がコロナウイルスのワクチンの開発に成功し、ヨーロッパをはじめ、順次各国に支給されています。

ですが最近ワクチン注射を終えた人の一部に副作用として血栓症の症状が出ていることがわかりました。

デンマークでは血栓症になることを危惧してワクチン使用を全面的に注射しました。

今回はワクチン注射をやめるぐらい危険な血栓症とはどんな病気なのかをお話します。

ワクチン投与に限らず、日常生活の中でも発症する可能性は十分にありますのでワクチン投与していないら関係ないと思わずに読んでください

血栓症とは

血栓症とは血液中にさまざまな原因によって血が固まり血栓という凝結塊が形成されます。

それが血管を塞ぎ、血液の体内循環がうまくできなくなったり、それによって臓器障害を引き起こす病気です。

血栓症は脳梗塞など突然死するような病気に発展するので日頃から十分な注意が必要です。

血栓症の死の危険性

実は日本人の血栓症の死者数はガンに匹敵するんです。

日本人を苦しめる3大死因と言えば、悪性新生物(ガン)、心疾患、脳血管疾患の3つですが、そのうちの2つ心疾患の約9割を占める死因である心筋梗塞と、脳血管疾が原因で発症する脳梗塞は、「血栓症」が引き起こすものなんです。

原因

ワクチン投与による発症

これはアストラゼネカ製製のワクチンに限った話で、酵素の活性がワクチンの投与感染の影響により低下して、血小板が凝集して血栓が作られることで血栓症を発症するからと考えられます。

中性脂肪の増加による発症

食べすぎや飲み過ぎ、アルコールの過剰摂取により血液中の中性脂肪値やコレステロールが増加すると、動脈が硬化しやすくなってしまい、それに伴い血栓症を引き起こしやすくなります。

エコノミークラス症候群

皆さんはこんなニュースを見たことがありますか?

飛行機に乗っていた人が急な呼吸困難で亡くなったというニュースです。

これは実は血栓症が引き起こしているんです。

同じ姿勢で長時間いると血液がうまく循環できず、脚部の奥にある静脈に血の塊ができ、その血栓が血流に乗って肺へ入り込み、肺の血管を塞いでしまい肺塞栓を引き起こしてし会うことがあります。

なので長時間同じ姿勢でいなければいけない場合でも、隙間時間にできるだけ立ったりして、循環不全にならないように注意する必要がありますね。

まとめ

血栓症は発症しても自分ではすぐに気づけませんし、突然死の死因である脳梗塞、心筋梗塞に発展する可能性があるとっても危険なびょうきです。

ワクチンの使用を中止するのもわかりますね。

コメントを残す