肥満が引き起こす病気について、対処にはセルフケアや通院が必要

肥満は糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、がんをはじめ様々な病気を患う原因になります。
今回はそんな肥満の原因や対処方法をお教えします。

肥満ってどうやってわかるの?

まず肥満かそうじゃないかは、BMI(Body Mass Index)という肥満指数で判定します。

この指数値が一定の値の25を超えると一般的に肥満と呼ばれ、生活習慣病やほかの病気の症状が増える傾向にあります。

 

肥満とBMIの関係性

 主に18.5未満は痩せすぎ、25以上は肥満です。

 太る原因

主に食べすぎ、飲みすぎ、運動不足が原因で、内臓脂肪と皮下脂肪と言われる2種類の体脂肪が増加することで肥満になります。

内臓脂肪と皮下脂肪については関連した記事を載せておくのでそちらををご覧ください。

お腹が出てる内臓脂肪型肥満の人は注意が必要!?

皮下脂肪の落とし方

肥満症とメタボの違い

肥満症とメタボ(メタボリックシンドローム)はよく一緒に思われがちなのですが、実は少し違います。

肥満症は疾患になるため、医学的な減量治療が必要なもので、メタボは肥満症の一つで内臓脂肪症候群と言われ高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つの症状が現れている状態を言います。

つまりメタボのほうが重たい症状です。

肥満症が原因で起こる病気

先ほど述べました、内臓脂肪症候群(メタボ)で患う糖尿病、高血圧、脂質異常症に加え、高尿酸血症やそれが進行して起こる痛風、狭心症・心筋梗塞、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)、脳梗塞、腎臓病、睡眠時無呼吸症候群に、妊娠時に影響がある月経異常・不妊など様々な病気を引きおこす原因になることがわかっています。

またひざ・股関節・背骨・手指などの関節の障害も、肥満との関係が深いです。

肥満はがんを引きおこす原因になる

近年、肥満はがんの発症と関係していることがわかってきています。

脂肪細胞が分泌するアディポネクチンには、がん細胞の増殖を抑える働きがあるのですが、内臓脂肪が増えすぎるとアディポネクチンの分泌が減ってしまい、がん細胞が増殖し、がんを発症するリスクが高まると考えられています。

肥満の処置対処方法

1.セルフケア

メタボや肥満症の対処には、食生活の見直しと運動が有効です。

食事

1日3食、バランスのとれた食事をすることが大事です。

また、ビール、パン、麺、お菓子などの糖質を多く含むものや、マヨネーズ、マーガリン、バターなど脂質を多く含むものの食べすぎに注意しましょう。

運動

体の代謝をあげるためにウォーキングやジョギング、水泳など長時間続けて体を動かす有酸素運動と筋トレなどの短時間で体に負荷をかける無酸素運動を両立して行うひつようがあります。

2.病院で診断してもらう

肥満の人には、肥満や肥満が原因で引きおこす病気に対処する専門の肥満外来というものがあります。

血圧、血糖値、脂質・コレステロール、尿酸値が高かったり、月経異常、睡眠時無呼吸症候群、関節痛、関節変形などの症状がある人はすぐに検査を受けに行くべきでしょう。

肥満外来ではどんな治療をするの?

血液検査や尿検査で血糖値などに以上がないかの確認や、身長、体重、血圧、心音、呼吸音、ホルモン異常に特徴的な所見がないかどうかを診断します。

さらに問診でこれまでの体重の推移、一番体重があった時期や痩せていた時期やいつごろから体重が増加したか、また1日を通しての普段の食事内容、飲酒、喫煙状況などを聞かれます。

そこから肥満の種類や、生活環境、また病院によって治療方法は異なりますが、主に食欲抑制を目指した薬物療法や、重度の肥満症の場合は胃を細長く切除する外科療法が主流です。

肥満症の治療法はこちらをご覧ください。

コメントを残す