皮下脂肪の落とし方

 

そもそも皮下脂肪って?

体の脂には内臓脂肪と皮下脂肪の2種類あります。

内臓脂肪はお腹の内側の内臓部分にたまる脂肪で、逆に皮下脂肪というのは二の腕やお尻周り、太ももなど皮膚のすぐ下につく脂肪のことを指します。

皮下脂肪は女性がつきやすい傾向にあります。

なぜなら 妊娠した時に赤ちゃんを育てる子宮を守る役目があるからです。

内臓脂肪と皮下脂肪見分け方

皮下脂肪は皮膚の下に引っ付いているためわかりやすく、また柔らかいです。

それに比べて内臓脂肪は腹の奥の脂肪なので、表面からではわかりにくい傾向があります。

またお腹の表面がつっぱりが有れば内臓脂肪です。

ビール腹と言われるような、お腹がぽっこりせりでた状態が典型的な内臓脂肪による肥満です。

皮膚の表面が冷たくなっている、またはなりやすい人は内臓脂肪が多い傾向にあります。

なぜなら内臓脂肪が多いと内臓の働きが弱くなってしまうからです。

それが原因で血管性の疾患を患ってしまうこともあるので注意してください。

内臓脂肪の話をしましたが、今回は皮下脂肪についてお話しするので、内臓脂肪が気になる方は下のリンクからとんでください。

内臓脂肪についてはこちらから

内臓脂肪の効率的な筋トレはこちらから

皮下脂肪の原因

皮下脂肪も内臓脂肪も原因は同じで食べすぎや飲み過ぎ、運動不足によるものですが、内臓脂肪と違って食べる量を減らしたり、運動すればすぐに痩せるというものではないんです。

皮下脂肪の落とし方

内臓脂肪はつきやすく落としやすいのですが、皮下脂肪は実は落としにくいんです。

まず筋トレだけでは落とすことはできないんです。

内臓脂肪と違って、食生活と無酸素運動と有酸素運動のを見直し、体の代謝そのものを改善する必要があります。

では何をすべきなのでしょうか?

食生活

バランスの良い食事内容の見直しが必要です。

またマヨネーズ、マーガリン、バターなど脂質を多く含むものや、パン、麺、お菓子などの糖質を多く含むものの食べすぎに注意してください。

もちろんビールやお酒も制限する必要があります。

有酸素運動

ウォーキングやジョギング、水泳など長時間続けて体を動かす運動です。

無酸素運動

無酸素運など短時間で体に負荷をかける運動です。

この際下半身を重点的に筋トレをするべきです。

おすすめはスクワット、クランチ、クロスクランチなどがおすすめです。

無理はしすぎず、自分に合ったメニューを毎日続づけることが大事です。

まとめ

皮下脂肪を落とすためには食生活に気おつけ、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動を行う必要があります。

皮下脂肪の落とし方” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す