お腹が出てる内臓脂肪型肥満の人は注意が必要!?

内臓脂肪が多いと心筋梗塞、糖尿病、高血圧さまざまな病気の原因になりやすいです。

実際内臓脂肪が多い人は普通の人の数十倍病気になりやすいそうです。

今回はそんな内臓脂肪ができる原因や改善方法を紹介します。

 体の脂肪

体の脂肪には内臓の周りにつく内臓脂肪と下半身につく皮下脂肪の2種類あります。

男性は内臓脂肪がつきやすくお腹がでたり、主に上半身に脂肪が集中しやすく、女性は皮下脂肪がつきやすくお腹の下の方や尻周り、太ももなど下半身に脂肪がつきやすくなっています。

内臓脂肪が多い人ってどんな体型?

内臓脂肪が多い人は主に上半身に脂肪が集中するので、お腹がぽっこりした体型になります。

空腹時の腹囲が85cm以上有れば内臓脂肪が過剰に蓄積されている可能性が高いです。

しかし内臓脂肪は内部にあり外部から性格な量が把握できません。なのでごく少数ですが痩せ型でも内臓脂肪が過剰な人もいます。

内臓脂肪は病院やクリニックなどのCT検索で測ることができます。

内臓脂肪とは

内臓脂肪とはお腹の中にある腸間膜に引っ付いていて、内臓を外部の衝撃から守ったり、内臓を支えて正しい位置を維持したり、余分なエネルギーを一時的に蓄積しておくような機能があります。

本来なくてはならないものですが、過剰に蓄積されすぎると、内臓脂肪が大きくなってお腹がせり出てきます、それが肥満です。

内臓脂肪が大きくなる原因

先程述べた通り、内臓脂肪が余分に蓄えられることで肥満になります。

内臓脂肪は一日の摂取カロリーが多い時、消費カロリーを上回った時にカロリーを消費できずに脂肪に変換され蓄えられます。

脂肪が過剰蓄積される原因は主に食べすぎ、飲み過ぎや一日の消費カロリーが少ない場合です。特にビールの飲み過ぎには気おつけて下さい。

また歳を重ねると体の筋肉が減ったり、身体能力が下がったり基礎代謝が低下します。

そうなると同じ量のカロリーをとっても、消費できるカロリーが減って太りやすくなってしまいます。

内臓脂肪を落とすには

食生活

糖質を取りすぎずバランスの良い食事が必要です。

効率よく脂肪を落とすためには内臓脂肪を減らしている期間は一日3食規則正しく摂り、間食はなるべく控えて下さい。アルコールはカロリー、糖質が共に高いので控えた方がいいでしょう。

運動する

内臓脂肪は蓄えられ安いですが、エネルギーが不足すると簡単に消費されます。

筋トレなどの短時間で体に負担をかけて鍛える無酸素運動だけでも痩せることはできますが、時間がかかりますので、ウォーキングや軽いジョギング、水泳などの長時間にかけてゆっくりする有酸素運動と両立して行うほうがいいでしょう。

生活習慣を見直そう

1日3食に正しい生活習慣をおくれているか、確認が必要です。

外部リンク

有酸素運動と無酸素運動のちがいはこちらから

肥満が原因の病気の種類はこちらから

お腹が出てる内臓脂肪型肥満の人は注意が必要!?” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す