ひんやりマスクって普通のマスクとどう違うのか?違いや性能を説明します。

新型コロナウイルスは今も依然として収まらず猛威を振るっています。これからどんどん熱くなってきますし、今年は例年より暑くて桜の開花が早かったのだとか、、、

そんな暑い中でもマスクは必須です😞

ですが最近は夏用マスクやひんやりマスクが増えてきました。

今回は夏用マスクやひんやりマスクの機能や素材、普通のマスクとの違いを説明していきたいと思います。

下に楽天市場サイトの私のお勧めのマスクへ飛べる画像リンクを張っておきます。

夏用のマスクって普通のと何が違うの?

 素材

まず普通のマスクとは使われている素材が違います。

夏用マスク吸汗や速乾性に優れたポリエステルやレーヨン、また接触したときに冷たく感じるようにアイスコットンを使っています。

ほかにも特殊加工が施されていたり、ほかの機能があるものもあります。

 機能

どんな機能があるのでしょうか?

 接触冷却機能

先ほどお話ししました、接触つまり肌と触れたときにひんやり感じる機能です。

この機能こそ普通のマスクと夏用の一番の違いです。

 通気性

通気性をよくすることで、吐く息の熱がマスクの中にこもりにくくなるので、熱中症予防に効果があります。

UVカット

その名の通り紫外線カットですね、逆に太陽の日が強すぎるときは普通のマスクでは日焼けしてしまうかもしれません。

マスクの日焼け跡なんて嫌ですよね?

そんな人にはうってつけのマスクですね。

マスクによって差はあるかもしれませんが、マスクによっては日焼け止めを塗る必要がないかもしれません。

洗濯OK

最近では当たり前と思うかもしれませんが、実はものによっては100回選択しても使えるといったものがあるんです。

しかも接触冷却などの機能を失わずに使えます。

これは金銭的にもお得ですね!

マスクを選ぶときに見るべきポイント

 目的に合わせて選ぶ

実はマスクって目的に応じて種類があるんです。

私たちがよく使うのは3種類です。

それは風邪の時のくしゃみなどの飛沫をブロックするマスクと、さらに飛沫より小さい花粉を防ぐマスク、さらにとても小さいウイルスをブロックするマスクです。

私のお勧めは風邪用と花粉用のマスクです。

なぜウイルス用じゃ無いのかと言いますと、ウイルスようは医者がするようなマスクで、通気性が悪く普段出歩くときに使うことは、ほぼないでしょう。

通気性が悪いと、息がこもって熱を発散できず体内にため込んでしまい熱中症になる恐れがあります。

本来私たちはくしゃみなどの飛沫感染を防ぐためにマスクをしているので、わざわざウイルス用のマスクを買う必要はないと私は思っています。

花粉予防もしたい場合は花粉症用のマスクがいいと思います。

 マスクのサイズ

買う前にサイズの確認は必ずしましょう。

今使っているマスクと比較したり、店に行って確かめたり、事前に確認することが大事です。

 まとめ

どうだったでしょうか?

私的におしゃれなマスクや、使いやすいマスクを紹介したものもあるので""“>こちらも見てください。

またコロナ対策の手伝いになればと思い商品のリンク画像を張りました。

ここから楽天市場へとべます。


新型コロナウイルス唾液PCR検査用キット(通常方式)

ひんやりマスクって普通のマスクとどう違うのか?違いや性能を説明します。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す