巨人の4選手がコロナに陽性反応が!

プロ野球球団の巨人は、4月4日に丸佳浩選手 (31)、若林晃弘選手 (27) 、 中島宏之選手 (38) 、ゼラスウィーラー選手(34)の4名がPCR検査で、新型コロナウイルスに陽性と判断されたと発表しました。

球団は陽性者との接触状況を調査し、接触の濃厚な亀井善行選手、増田大輝選手、北村拓己選手の3選手と、スタッフ7名の計10名をチームから隔離しました。

加藤球団代表は「毎試合後にドーム内のアルコール消毒をちゃんと行っているが、今回の件を受けて改めてベンチやロッカーの消毒を行うようにした。」と、またウィーラー選手は打席に入る際や守備位置につく際にグラウンドにつばを吐く癖があるため、球団関係者は他の選手が感染してないか心配になるとこぼしました。

球団の1軍選手は5日に再度検査を受けた後、6日から兵庫県西宮市の甲子園球場で阪神と戦う予定です。

コメントを残す