現台湾留学生が台湾の大学に留学するメリットとデメリットを紹介します

こんにちは、今回は台湾に留学するメリット、デメリットを紹介します。

私の実体験や台湾に留学している日本人、台湾人から聞いた話を伝えさせていただきます。

台湾留学を考えている人や、迷っている人はぜひ読んでみて下さい。

日本と台湾の距離が近いから行き帰りが楽

台湾の大学に留学するメリット

留学費用が安い

留学費用は、日本の半分程度と言われていますが、これは事実です。

なぜかというと、 学費、生活費の両方が日本より安いからです。

さらに台湾の大学は外国人に優しく、奨学金をとりやすいです。

まず学費の話から順番にしていきます。

学費

台湾の学費は安いと1学期30000元(110000円前後)で、台湾は一年2学期制なので、一年22万円で、4年で88万円程度で行くことができるんです!

私は一年28万円程でした。4年で112万円程ですね。

ですが、私は1年の時は奨学金をもらっていて一学期1万円(雑費)で通えていたので、もっと安いです。

また私の学校は台北のさらに都会の私立学校だったので、国公立の人はもっと安いです。

実際台湾留学して他の学校に通っている人に何度かききましたが、だいたい私の方が高かったです。

生活費

居住費と食費にわけて話したいとおもいます。

居住費ですが、留学生はだいたいはじめは寮に住む人が多いですので、まず寮の話をします。

寮は一部屋数人で住む場合がほとんどです。

寮費は平均で一ヶ月1万5千円程度です。

台北の都会にいけばいくほど高くなり、物価の安い地方にいくほど安くなります。

私が調べた限りでは、普通の寮であれば高くても月2万5千円程、安いと月4千円なんてこともありました。

実際私が通っている大学の女子寮は月4500円ほどです。

日本とは比べ物になりませんね。

普通の寮というのは、大学によってはお金持ち向けに高級学生寮があることがあるからです。

私の学校にはありません。

高級寮の話はまた今度機会があれば、話したいと思います。

次に寮以外の家を借りて住みたいと思っている方もいると思いますので、そちらの方も少し紹介します。

値段は寮より少し高めです、台北では月に1万元(38000円)ほどだせばまあまあいい物件に住むことができるとおもいます。

一人暮らししたい人は部屋を借りるのもありだと思いますが、金銭的な面で安い方がいいというなら、大きな部屋を何人かで一緒に借りて家賃を人数割した方が安くなるとおもいます。

食費ですが、私の感覚では日本の3分の2といったところです。

一食100元前後(380円前後)です。

これは台北の話で、台中や台南などの地方にいけばさらに安いです。

普通に生活していたら1日の食費は1000円ちょっとですみます。

ただ気をつけないといけないことがあります。
それは日本のお店は例外だということです。

先ほども言いましたが、台湾人は日本のものが好きなので、日本のお店もたくさんあります。

例えばスシロー、くら寿司などの回転寿司や、博多ラーメン、さぼてん、コメダ珈琲店など。

そういうお店は日本と同じか少し高めの価格に設定されています。

スシローでいえば一皿40元(152円程)です。

なので、私は週に一、二度行くくらいにしています。

あまり行きすぎなければ、問題はないと思います。

奨学金

奨学金は学校によって条件が全然違ったりするのであまり具体的には話せませんが、ざっくりいうと、普通は大学の学科ごとだったら学校の全生徒の上位何名しかとれないんですが、外国人は基本台湾人とは別枠で、成績何点以上だったり、外国人の中の上位何名かだったりします。

また入学するときに一年学費免除などの奨学金をとることができることもあります。

私の場合はこれでした。

友達で4年間学費免除をとっている人もいましたね。

台湾は日本人の生きやすい国

台湾人はとても日本人や日本のものが好きで、

私も友達と日本語で話しているときに日本人なの?って話かけられた経験が数えきれないくらいあります。

また、話しかけたときにも色々よくしてくれます。

また、大学でも日本語を習っている人に日本語おしえてよって話しかけられたことが何度もあります。

ネイティブレベルで日本語話せる台湾人も結構います。

つまり日本人というだけで友達ができたり、知らない人によくしてもらったりできるということです。

日本と台湾の距離が近いから行き帰りが楽

私は大阪出身なのですが、大阪まで飛行機で3時間ちょっとで行くことができます。

沖縄の人は飛行機で一時間くらいで、船でも帰れます。

また飛行機も頻繁飛んでいるので、行きやすいし帰りやすいです。

今のコロナ禍でさえ飛んでいるくらいです。

コロナ禍でなければ1日に何本も飛んでいるので日帰りも全然できます。

何かあったときにも帰りやすいので海外留学するなら台湾がおすすめだと思います。

日本との時差1時間

台湾は日本より一時間だけ時間が遅いだけなので、何か予定があって日本に帰るときに時差の計算が楽ですし、長期休みなどの行き帰りに時差ぼけがありません。

中国語を習得できる

当たり前かもしれませんが、中国語が習得できます。

ただ普通に日本で勉強するのとは違います。

何が違うのか?
中国語に触れる機会の多さと意気込みです。

台湾に留学すれば回りが中国語をしゃべっていますし、日常会話も中国語です。

中国語に触れる機会が圧倒的に増えますので、普通に日本で勉強するよりも早く上達することができます。

また台湾の大学に留学すれば授業はほとんど中国語ですし、定期テストももちろん中国語です。

中国語がまだできないからとテストは中国語なできるようになるまで待ってくれません。

なので、はじめは死に物狂いでも覚えなければなりません。

実際はそこまできつくはありませんが笑

分からないところがあれば周りの台湾人に
聞けば教えてくれますし、先生もあなたが日本人だということを伝えれば、簡単な単語をできるだけ使ったり、テストの時に色々ハンデをくれたり、気を使ってくれます。

治安がいい

海外留学をする場合必ず確認するべきものが、その国の治安です。

しかしそこは安心してください。

台湾は日本と同じくらい治安のいい国です。
大きな犯罪は滅多におこりません。

しかし、スリや盗みは日本同様に注意が必要です。

いくら治安がいいとはいっても注意はする必要があります。

女子の夜の一人歩きや、人気の少ないところは避けていれば大丈夫だと思います。

デメリット

虫が多い

蚊やゴキブリがでやすいし、全体的に虫が多いです。

なぜなら台湾は自然がおおいからです。

また気候が日本より熱いので、ほとんどの昆虫にとって生きやすい環境なのでしょう。

しかしデメリットにあげましたが、自然が好きな人にはメリットかもしれません。

虫が多いとはいえ冬になり涼しくなれば虫は減ります。

中国大陸との文字の違い

中国の大陸本土では簡体字というのが、使われているのに対し、台湾では繁体字というものが使われています。

繁体字とは、昔中国で使っていた漢字です。

簡体字とは簡単にいうと、繁体字の難しい漢字を画数を少なくして簡単に書けるように変えたものです。

また台湾の中国語は中国本土で通じるのかとよく聞かれるのですが、話し言葉は通じます。

なので台湾に留学したあと中国にいって生活するだけなら問題はありません。

簡体字と繁体字で同じ漢字もありますし、似ているものも多いです。
簡単な文なら簡体字で書かれていても読める場合がありますが、文章となると難しいです。

HSKのような簡体字のテストとなると繁体字はつかえません。

しかし文法や用法は似ているものも多いので、中国語を初めて触れる人と比べると比較的資格をとりやすいです。

なので台湾留学は無駄にならないと私は思っています。

おまけ
英語は学べるのか?

日本の大学に通うよりかは学べます。

日本より外国人が多いのと、台湾は外国人のイベントや、外国人のための中国語の授業などが数多くあります。

なので外国の人と会話する機会が日本よりも多いです。

しかし、自分が英語を覚えようとしなければいくら機会があってもいかせません。

台湾にいけば英語ができるようになるわけではないので、がんばって勉強してください。

以上です、最後まで読んでくれてありがとうございました。
参考になれば幸いです

また何か質問があればインスタで送って下さい。
出来る限りお答えしたいとおもいます。

コメントを残す