絶対に失敗しないためのメンズの服選び!ダサいファッションを卒業しよう

引用 メンズ春コーデ特集!   リンク:https://clubd.co.jp/wp/post-4027

ファッションに興味を持ちはじめた人や、回りにダサいと言われる人、自分のファッションセンスに自信がない人もお洒落になりたいと少しても思っているならぜひ読んでください。

シルエットを考えよう

ファッションにおけるシルエットとは、いわゆる服を着たときの外枠・輪郭のことです。

例えば、だぼっとしたオーバーサイズのトップスにオーバーサイズのボトムスでは、だらしなさが目立ってしまいます。

オーバーサイズのトップスを着るならボトムスはタイトなスキーニーなどがおすすめです。

また、やせ形の人がタイトなトップスにタイトなボトムスを着ると、細身が強調されてガリガリにみえます。

逆に自分にあったサイズ感や、シルエットを意識することで体型をある程度ごまかせたり、逆にいい部分を強調させたりできます。

体型ごとのファッションを紹介しているWebのリンクを貼っておきます。

自分に似合う服がわかる!体型別で見る服選びのポイントとは?

太った男性へオススメしたいメンズファッションコーデ&ブランド

おデブ男子が「普通の服」でかっこよく見せるポイント

細身・痩せ型男子におすすめのメンズコーディネート【春夏秋冬おしゃれな着こなし】

細身男子必見!5つの着こなしテク。体型を活かすクールなメンズコーデ

服やズボンを単品として考えず、組み合わせで考えよう

ボーダーや、ストライプ、花柄など、単品ではとてもおしゃれにおもったりしますよね?

私も芸能人がかっこよく着飾ってるのをみて、同じ系統の服を買ったりします

けれど、ボーダーとストライプをん組みあわせても柄がうるさすぎてうまく噛み合いません。

逆に組み合わせによっていかせる服もあります。

おしゃれな人は、統一感があるアイテムを選んでいる人が多いです。色や形が統一されていて、自分に合ったものを着こなしています。

どうすればいいのか?

1芸能人や、モデルの真似

自分で自分の服装や組み合わせのよし悪しがわからない人は自分と体型やシルエットが近い芸能人や、モデルの服装を真似することですね。

真似するだけでいいの?っておもうかもしれませんが、真似をしていくうちに自分にあった服装やスタイルがわかってきます。

ただ注意点があります。

真似をするのは、シンプルなスタイルからするのをおすすめします。

人には、その人にあった色やデザインなどがあるので、真似をする人と系統が相当似てない限り奇抜な色やデザインがかえってダサい印象を与えたりします。

2服を買う前にあらかじめ合わせる色を決めておく

服屋にいって自分が気に入ったトップスとボトムスをそれぞれ買っても、いざ組み合わせてみると思ったのと違ったり、似合わない時もあります。

なので服を買いに行く前にあらかじめ組み合わせる色、買う服の色や、スタイルを決めてから買うと、さっきいったような失敗
をする可能性は減るとおもいます。

自分の色の組み合わせに自信がない人はあらかじめ調べてから買ったり、自分にあった色を一色決めてそれに似合う色を決めるといいでしょう。

値段に縛られすぎるのはダメ

高い服だからいいという訳でもないし、安い服だからダサいということもありません。

本当におしゃれな人は高い服じゃなくても おしゃれに着飾っています。

かといって安すぎる服がいいという訳でもないので、値段はあくまで参考ぐらいにしておきましょう。

ブランドの統一性

ブランド統一といいましたが、必ず全身を同じブランドにしないといけないというわけではありません。

ただ、トップスにアディダスとかかれていて、ズボンがナイキ、靴がアンブロでは統一感がないですよね。

目立つところにブランド名が書いてある物をトップスとボトムスで別のブランドで合わせるのは避けましょう。

自分にあった色があるので、トレンドに流されすぎるのはNG

トレンドは確かに大事ですが、紫が流行っているからとただ紫の服を買うのはダメですね、人にはそれぞれ合う色合わない色があるので、紫が似合わないのに無理に紫を取り入れる必要はありません。

取り入れる場合も組み合わせを考えることが大事です。

最後に合わせやすい服を紹介します

これまで色々いいましたが、そうはいってもある程度は自分の好きな服を着たいという人はその服と似合う物を合わせる必要があります。

その時に合わせやすいアイテムがあれば楽ですよね。

という事で合わせやすいアイテムをいくつか紹介します。

1シンプルな無地の白と黒のTシャツ

白シャツは、シンプルかつあまり地味に見えず、しかも他の色と合わせやすいです。

黒も同じで、黒は黒同士でも似合う物が多いです。

2白のシャツ


一枚で着ても、Tシャツの上には羽織ってもよし、さらにシャツの上にジャケットなどを着てもよし。

またシャツを組み込むことで清潔感のある仕上がりになります。

3細い黒のパンツ


これは万能服といってもいいくらい、どんな色のトップスにも黒のスキニーを履けばかっこよく決まります。

白と黒は合わせやすい色で、白と黒の2色だけでも似合います。

まとめ

どうだったでしょうか、色々いいましたが、まずは自分にあったシルエットやサイズ感、色合いを知ることが大事ですね。

これからは、どんどんいろんなトレンドやファッションスタイルが出てきます。

これを気におしゃれを楽しんでください。

コメントを残す